探していたバラエティはこれだ!バラエティ好き必見の番組特攻フルスインガーの動画

Amazonバラエティ

探していたバラエティはこれだ!バラエティ好き必見の番組特攻フルスインガーの動画

「バラエティ好きな私にピッタリの面白いバラエティはないだろうか?」

「コンプライアンスを無視したバラエティはないだろうか?」

「地上波のバラエティは見飽きた…もっと面白いバラエティはないだろうか?」

この記事はそんな方に向けて書いています。

読んで損はさせません。

これを読んでるあなたは地上波の番組を全部見て

「地上波のバラエティは見飽きた…もっと面白いバラエティはないだろうか?」

「地上波の番組を見るだけでは面白い番組が足らない!」

と思っていないだろうか

この記事はそんなニーズにお答えして私のとっておきのどバラエティを紹介しようと思います。

ある日Amazonプライムビデオで面白い番組がないかと探していたところある番組を見つけました。

その動画を見たところ

「これだ!これが自分の求めていた心の底から笑える番組だ!」

と思いました。

そしてその番組を見つけてから3日ほどで全10回をすべて見てしまいました。

少しずつ小出しに見て楽しみをとっとこうと思っていたんですが

無理でした…

我慢できませんでした…

それほどに面白い番組ってなんだろうって思いませんか?

思いますよね…?

そんな番組をこれから記事を見てくれているあなただけに教えたいと思います。

その番組とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特攻フルスインガー

という番組です!!!

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

左からトータルテンボス(藤田・大村)、千鳥(大悟・ノブ)、平成ノブシコブシ(徳井・吉村)、の3組がレギュラー出演する番組

「特攻フルスインガー」

その特攻フルスインガーの第2回時系列順に追っていきたいと思います。

そして

どこが面白くて

なぜおもしろいのか

を説明していきたいと思います。

どんな企画があるのかだけを知りたい人は

目次の特攻フルスインガー全10話企画内容

から飛んでいただければと思います

最後に特攻フルスインガーの動画を無料で見る方法も教えたいと思います。

この番組のことを知っていれば話のネタになると思います。

ある日見つけた番組特攻フルスインガー

私はバラエティが好きでよくテレビでバラエティを見るのですが特に好きな番組が水曜日のダウンタウンなのですが…

水曜日のダウンタウンのようないい意味でくだらないことをやっていて、企画が良い番組が地上波では少ないんですよね

そこでAmazonプライムビデオでそのような番組を探していたところみつけたのが「特攻フルスインガー」でした。

見たのはエピソード2の「罰狼」という回でした。

第2話「罰狼」の概要※ネタバレ無し

世界でヒットしている人狼をアレンジした企画で「合体罰ゲームを受けるのは誰だ」というもの。

ルールは6人のうち一人がウルフになり残り5人の中から罰ゲームを受ける人を選ぶ。

ウルフ以外のメンバーは誰が選ばれたか予想し、その人一人がミラーカードを持つ。ハズレなら選ばれた人が罰を受けアタリならウルフが罰を受ける

なお選べる罰ゲームは10種類。

・激辛ラーメン

・ビリビリマシン

・シナモン一気飲み

・激痛足つぼシート

・パンツ風船

・面なし面

・自転車尻止め

・乳首洗濯バサミ

・水槽息止め

・おもしろメガネ

ウルフ2種類選んで合体罰ゲームとして執行する

罰ゲームを受けた人が次の回のウルフになる

※ここからは第2話のネタバレを含みます。ご注意ください。ネタバレしたくない人は目次の4回戦から飛んでください

1回戦※第2話ネタバレ

じゃんけんの結果徳井がウルフ

選んだ罰は「自転車尻止め×激痛足つぼシート」

罰を受ける人は5人の顔が書かれたカードから徳井が選ぶ

徳井が選んだのは…大悟

罰を受ける人のカードは5人に見えないようにセットする

できた!と徳井がセットさせると残った4枚のカードの一番上のオモテ面のカード、ノブのカードを5人に見せてしまう

開始早々にノブではないことがバレてしまう笑

そしてノブのカードのうしろにアフロが見え藤田でもないことも発覚笑

徳井のせいでグダグダな展開に…

残りは大村、大悟、吉村の三人だが吉村と大村が罰を受けるのは絶対俺だと主張

ミラーカードを離さない大村

大悟は「ワシをおいた感覚はないんよ」と主張

話し合いでミラーカードは大村が持つことに

決まってからも吉村は「あんだけ笑うってことは絶対に俺だ」と主張

そして徳井が選んだ罰を受ける人を発表

大悟!!

すると大悟が大村に「すぐに謝れ!」

笑い

最初の罰は大悟に決定

「自転車尻止め×激痛足つぼシート」

合体罰ゲーム執行

激痛足つぼシートの上で回転した自転車のタイヤを素の尻で止めるというもの

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

「足つぼがすごい無理」とリアクションする大悟

「ホンマにやめてくれ!」といいながら自転車に尻を近づける大悟

尻にタイヤがあたった瞬間「痛い!痛い!」とリアクション

リアクションと吉村が大悟のパンツを引き上げる様子が面白い

リアクションは動画を見てもらったほうが面白さが伝わると思います。

2回戦※第2話ネタバレ

2回戦からはミラーカードでウルフに罰ゲームを跳ね返したらウルフが受ける罰は3つになることに

2回戦のウルフは大悟

藤田が「こうなったら復讐してやろうって気持ちでね…」

大悟「いやでもワシ徳井にそんな恨みはないのよ」

「誰?」

大悟「大村」

笑い

大悟「あんな当たり前みたいにミラーとった」

外れてもリスクないし持っとくだけで自分守れると大悟が主張

罰ゲームは「水槽息止め✕面なし面」

大悟「これ逆に誰にやらしたいかというよりかはワシが逃れるためにって考えになってくるよね」

選んだのは「?」みなさんもお考えください

まず吉村が絶対俺だと主張自転車を回転させたのもパンツ上げたのも俺だから罰を受けるのは俺だという

藤田は「大悟は俺がこうゆうのやられるの好きなんよ。大悟は見たいの」と主張

ノブは絶対俺!2連続千鳥はないから大悟が作家だった場合2連続千鳥はない。」その逆を取って俺と主張

藤田がじゃあノブだとミラーカードをノブに渡す

しかし大村が「普通に考えたら俺じゃん。ふってたから、誰もが大村さんには行かないなって思うじゃん。そこついてきてるから」

吉村「汚いって!」

大悟「めちゃくちゃミラー欲しがるな!」

吉村「2連続ミラーはだめよ!」

ノブ「あ、でも2連続ミラーだめって読むわ!」

これにわざと焦ったように笑う大悟

ココらへんは心理戦ですね

「ほらー!」

と一同賛成

藤田「大村だ!」

大村「おれだ!」

ノブ「今それゆった瞬間目がギュルギュルって」

大悟「それぐらいのことはワシ考える普通に」

大村「これ焦ってる!」

大村「守れた!」

と勝ちを確信する一同

ミラーは大村に

ついに罰を受ける人の発表に

選ばれたのは藤田!

藤田「おいー!」

大村が藤田に「ゴメンな!」

大悟「でもどんどん大村さんへの不信感は溜まってる」

笑い

「水槽息止め✕面なし面」合体罰ゲーム執行

息ができなくなるまで水槽に顔を入れ顔を上げた瞬間に面の道着をつけてない状態で剣道の剣で叩くというもの

リアクションは動画で

 

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

 

3回戦※第2話ネタバレ

3回戦のウルフは藤田

合体罰ゲームは「パンツ風船✕シナモン一気飲み」に決定

大悟「大村さんをどうするかみたいなちょっとなってる」

吉村「いやたしかに軸で動いてますよ」

藤田が選んだのは「?」みなさんもお考えください

ノブ「いやこれは俺やな」

「大村さんまたミラー持つと思うよな(だから大村がミラーを持つのはない)」

大村「来ないと思うんじゃない?」

吉村「だとしても3連チャンミラー持つ権利はないですよ」

ノブ「うん、で大村さんがやられたらやられたでいいし」

大村「そう思うよね?みんなは狙ってくるよね絶対狙ってくるよね」

ノブ「こいつ詐欺師やな」

笑い

大村「みんな思うんだもん3連ちゃんはないって(だから俺がミラー持つ)」

徳井「ノブさんか吉村だと思うんだよなぁ」

ノブ「大悟はさんざん罰受けたからOKでしょ?あ、徳井ね…(徳井もあるな)」

吉村「徳井はあると思う」

大悟「そんなバランス考えへんよ、受けたからとかそんなんじゃなしに」

「かぶせたほうがオモシロイと思ってるから、かぶせバカやから」

徳井「被せってことは大悟さんてこと?」

大悟「全然ある」

大村「返したいとは思わないの?」

大村以外の4人「返したいよ」

大悟「だったらどうしたいんですか?」

大村「俺だろ」

ノブ「なんやねんこいつ」

笑い

ノブ「絶対仲間にしたくないわ」

大悟「でも…あっち(藤田側)に立ったとしたらここでの大村っていうのは確かに可能性はある」

大村「外してくるとは思うんだよ」

吉村「もう罰ゲームやってほしいくらい嫌いですよみんな」

ノブ「大村であってほしいもん」

ノブ「この4人の誰か(大村以外の4人)がミラーを持つ」

大村「俺だったら俺で返したいとかはなく?俺でいいやって?」

吉村「それぐらい嫌われていますよ」

大悟「そうゆう面ではワシはもう辛い目にあってるやんか。だから大悟さん辛い目にあってるからミラー持ったらってゆうのはない?」

徳井と吉村「大悟さんはなさそうなんだよな」

大村「無駄だよね。大悟にミラーもたせるだけ」

ノブ「『シナモンパンツ風船』を俺にさせたいかなぁって感じあるよなぁ」

徳井「あ!さすがこれはたしかにノブさんかも知れない!シナモン一気飲みとかノブさんのみたいかも」

ノブ「俺もう持とうミラー!ミラー!」

「ミラーどこ?」

ノブ「ミラー隠しとる!」

大村がシャツの下にミラーカードを隠し持っていた笑

ノブ「こわ!」

吉村「最低だよ!」

大村「ノブでいいんか、ほんとに?」

罰をはねかえせるミラーカードはノブに

藤田が選んだのは大悟!!

笑い

ノブ「これは読めない…」

大悟「だからこいつ、もう…そうゆう奴や、かぶせバカって言うたやん!」

「まだケツが痛いんやでほんまのこと言うたら今でも帰りたいんやで」

合体罰ゲームは「パンツ風船✕シナモン一気飲み」

罰の内容はパンツに風船を入れその風船に空気を入れ破裂させる。その後コップ1杯のシナモンを一気飲みする

リアクションは動画で

 

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

 

最終戦のウルフは大悟!

 

 

 

4回戦※ネタバレ無し

ここからは動画でお楽しみください

とまあこんな感じで誰が罰を受ける対象になっているのかを予想する心理戦を芸人たちがしながらも、くだらない罰ゲームをやるという展開が繰り返されるわけです。

これを見たとき「この企画はすごい!」「こんなに企画が優れていてかつ面白い番組は他にはない!」と思いました。

最終戦ではこれ以上に面白い展開が待っています。

特攻フルスインガーとは?

様々な企画に挑戦しそのフォーマット(基盤)を世界に買ってもらおうというもくろみが趣旨の番組。

世界に買ってもらおうというだけあって外国人にも通用するようなわかりやすい企画が多いですね。

 

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

 

特攻フルスインガー全10話企画内容

特に面白いのは

・1.ザ・サイレント

・2.罰狼

・3.怪談小話

・4.正体は誰だ!?ベースボール

・6.田舎でバレずに入れ替わろう

・8.エア罰ゲーム

ですね

ザ・サイレント

トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシの3組が、様々な企画に全力=フルスイングで挑戦し、そのフォーマットを世界に買ってもらおう!という趣旨の番組!

今回番組フィクサーから用意された企画は「ザ・サイレント」!

指示されるお題を全て無音でやりきらなければならない!音を出してしまうと、罰として全員の体に電流が!果たしてフルスインガーメンバーは見事成功させることが出来るのか!?

そして、世界に通用する企画は生まれたのか!?乞うご期待!(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年8月11日

罰狼

今回フルスインガーメンバーが挑むのは、世界中で人気の誇る心理ゲーム「人狼」をアレンジした企画「合体罰ゲームを受けるのは誰だ!?」!

ルールは簡単!6人の内1人が“ウルフ”になり、罰ゲームを誰に受けさせたいかを残りの5人の中から選定。

5人は話し合いの末、罰ゲームの対象に誰が選ばれたか予想。予想が外れるとウルフが選んだ人物が罰を受け、予想が当たるとウルフが罰を受けることとなる。

なお、用意された罰ゲームは10種類!ウルフはその中から2つ以上を選んで合体罰ゲームとして執行することが出来る!

果たして、フルスイングなリアクションで笑いを起こし、世界に売り込むことは出来たのか?出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 27 分 初公開日: 2017年8月11日

 怪談小話

今回、フルスインガーメンバーが挑む世界売り込み企画は「恐怖からの爆笑」!

怪談芸人の怖い話を聞いて恐怖に怯えるアイドル達に、怪談話の続きを話し、面白いオチをつけて爆笑させるという企画!

果たして恐怖からの爆笑という奇跡を起こし、世界に買ってもらうことは出来るのか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 33 分 初公開日: 2017年8月18日

正体は誰だ!?ベースボール

今回フルスインガーメンバーが挑むのは、初のスポーツ企画「正体は誰だ!?ベースボール」!

必要なのは”人を見る目“!全員マスクをした謎のチームと野球の試合をおこない、チームの中に潜む「弁護士」「ハゲ」「老人」「オカマ」「酔っぱらい」の5名を見つけ出さなければならない!ミッションをクリアしご褒美GETなるか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 36 分 初公開日: 2017年8月25日

ラッキースケベ白書

今回フルスインガーメンバーが挑むのは、日本が世界に誇る“ジャパニメーション”を題材にした企画「ラッキースケベ白書」!

マンガやアニメでよく見かける“偶然発生するエッチな状況”を実際に再現してみよう、という企画!

相手役にはちょっとエッチなグラドルが登場!誰もがうらやむラッキースケベを成立させ世界に買ってもらうことは出来るのか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 26 分 初公開日: 2017年9月1日

 田舎でバレずに入れ替わろう!

今回の特攻フルスインガーは、某民放で大ヒットしたリアリティーショーをアレンジした企画「田舎でバレずに入れ替わろう!」。

お年寄りのお宅へお邪魔し、お年寄りの目を盗みながら、気付かれないように6人が入れ替わることができればクリアという企画!お年寄りに別人だと気付かれた時点でロケは終了!!

果たしてメンバーは見事ミッションをクリアできるのか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 23 分 初公開日: 2017年9月8日

 汗かき!・ザ・ガマン!

今回フルスイングメンバーが挑む企画は「汗かき!・ザ・ガマン!」

豪華賞品が書かれたシールを体に貼り、様々なステージに挑戦!最後までシールが剥がれずに残ったら、豪華商品GETとなる新しいガマン企画

果たしてメンバーは汗をコントロールして豪華賞品を手に入れることが出来るのか?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 19 分 初公開日: 2017年9月15日

 エア罰ゲーム

今回フルスインガーメンバーが挑むのは、「エア罰ゲームリアクションジェスチャーゲーム!」

チームに分かれエアで罰ゲームを受けているリアクションをし、チームメイトにどんな罰を受けているのかを伝えなければならない!

制限時間内に正解が出なかった場合はジェスチャーをしていた罰ゲームをチームで実際に受けてもらう!

果たしてメンバーは見事伝えることはできるのか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 27 分 初公開日: 2017年9月22日

直進行軍

今回フルスインガーメンバーが挑むのは、あの有名漫画のインスパイア企画「特攻フルスインガー塾名物・直進行軍」。

メンバーが町をただひたすら直進するという根性の企画!民家、川、警察署、何があろうともひたすら直進する!果たして直進しきることはできるのか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017 YD Creation

NR 言語: 日本語 再生時間: 26 分 初公開日: 2017年9月29日

ノーリアクション禅+記者会見シミュレーション

今回フルスインガーが挑む企画は「ノーリアクション禅」!

どんなことにも心を乱さずノーリアクションを貫かなければならない!もしも心が乱れた場合は、お坊さんに肩を思いっきりしばかれる!

日本人の心の強さを世界に見せつけることはできるか!?

さらに!芸能人なら必ずやっておいた方がいい企画「記者会見シミュレーション」もお届け!様々なパターンの記者会見に芸人らしく上手な言い訳で乗り切れるのか!?

出演者:トータルテンボス、千鳥、平成ノブシコブシ(C)2017YD Creation

出典:Amazonプライムビデオから引用

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

 

 

 

特攻フルスインガーの悪いところ

特攻フルスインガーには悪いところがありましてそれは企画によって面白さにばらつきがあるところです。先ほど紹介した企画は面白い方の企画なのですが中には企画自体が面白くないものも存在します。毎回違う企画に挑戦するので面白くない企画があるのはしょうがないですが

そのような回を見たくない、おもしろい回だけみたいって人は上の特攻フルスインガー全10話企画内容の太字の面白かった回からみるといいと思います。最初は罰狼から見るといいと思います

特攻フルスインガーのAmazonプライムビデオでの評価

カスタマーレビューは117人が評価していて星5つ中3.7でした。

星3以上なので評価の高い部類に入ると思います

特攻フルスインガーのどこが面白いのか?

特攻フルスインガーの面白いところは2つあります。

まず1つ目は6人がくだらないことに取り組んでるところですね。

「罰狼」の罰ゲームはまさにそれですよね。文章で読んでもくだらないのがわかると思います。(動画で見ればもっとくだらないですいい意味でくだらないことをやっているから面白いんですね。

その点で言えば”くだらなくない回”が存在しないです特攻フルスインガーは。(褒めてます)

いい意味でくだらないことをやっている番組はなかなか存在せず今まで私が知る限りで番組の例を上げますと

・「水曜日のダウンタウン」

・「トリビアの泉」

・「クイズタレント名鑑」

・「月曜から夜ふかし」

・「世界の果てまでイッテQ

など数えるほどしか存在しません

私が20代なので過去15年間くらいの番組しか知りません。すみません)

そしてもう一点、企画が良いところですね。罰狼を例に上げましたが、特攻フルスインガーはゲーム性のある面白い企画が揃っています

またゲーム性のある企画だけではなく、他では見たことのない企画を見れるところも素晴らしいと思います。Amazonプライムビデオ限定配信ですのでコンプライアンスを無視した企画を見れるのも番組を面白くしていますね

きっとAmazonプライムビデオのスタッフが考えた選りすぐりの企画だけを選んで動画にしているのでしょう。あれ?と思った企画もありましたが半分以上はいい企画ですので見て損はないと思います

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

 

 

くだらない番組がなぜ面白いのか

先程くだらないことをやっている番組こそが面白いといいました。

しかし、くだらない番組には役立つ情報はなかなかでてきません

役立つ情報は一見多くの人が求めますがそこに心から笑える瞬間は存在しません。

「へぇ」と関心したり「情報を知って得をした」とおもうことはあっても爆笑することはできませんなぜならその情報のメリットなどを考えるからです

笑うという行為は基本的に考えてからするものではありません。直感的に感じるものなのです。

普通子供はくだらないことやアホなことが好きですよね。

それをするときはなにも考えていません。

例えば子供は通学路で影を踏んでどこまで行けるかのようなくだらないことをしたりしますよね。

それをやるとき影を踏むメリットなんて考えてませんよね。

直感的にオモシロイと思ったことをやっているだけなのです。

そのためくだらない情報は何も考えずに見ることができるのです。

だから“私達にとって役立たない情報”=”くだらない情報”こそが本当に笑えるものなのです。

 

特攻フルスインガーの動画を無料で見る方法

特攻フルスインガーはAmazonプライム配信限定ですのでAmazonプライムビデオでしか見ることができません。

・Amazonプライム・ビデオ:年会費3900円(月額325円)月料金400円
Amazonプライムビデオは30日間無料期間があるサービス。月料金が400円ですからこの無料体験は約400円分の価値がありますね。

そして何より嬉しいのは安いことですね。

2019年2月現在Amazonプライムビデオより安い動画配信サービスは存在しません。

またAmazonプライムビデオは特攻フルスインガーの他にもオリジナルコンテンツが充実していて

「HITOSHI MATSUMOT presents ドキュメンタル」「アマゾンズ」、「バチェラージャパン」、など、約80作品もの様々なオリジナルコンテンツが見られます。

私のおすすめは「カリギュラ」です。地上波ではできない攻めた企画をたくさんやっています。

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

特攻フルスインガーを知っている人はごく一部だと思いますので読んでいただけたほぼすべての人にとって有益な情報をお届けできたんじゃないかと思います。

この番組を知らない方にとって少しでも有益な情報を提供できたら、

少しでも多くの人に特攻フルスインガーという番組を見て爆笑する有益な時間を送っていただけたらと思って書きました。

見るか迷っているなら今すぐ見ることをおすすめします。なぜなら迷ってる時間がもったいないからです。見て後悔はしないでしょう。

Amazonプライムビデオに無料登録して特攻フルスインガーを見る

Amazonプライムビデオを契約したいと思ったら次に月額料金と契約方法を確認しましょう。

学生は今のうちに契約しといたほうがお得です。その理由はこちら

 

Amazonプライムビデオは家族共有ができる

特攻フルスインガーのついでにさまぁ~ずハウスを見よう

特攻フルスインガーのついでに本能Zを見よう

出典:画像はすべてAmazonプライムビデオ

コメント

  1. […] 特攻フルスインガー […]